コンビニスイーツから有名メーカーまでチョコを食べつくす!

チョコを食べないと死んでしまいます

明治製菓

マカダミアパティスリーはビターな大人の味が美味しい!

更新日:

こんにちは、森長ちよこです!

今日開封した買置きお菓子がこちら!

明治「マカダミアパティスリー」

レギュラー商品の明治マカダミアチョコが好きなので、気になって購入しました。

いつものマカダミアとはどのように違うのでしょうか?

実際に食べてみた感想をまとめていきます。


スポンサードリンク

マカダミアパティスリーの感想

二層のチョコレート

マカダミアパティスリーはチョコレートがビターとミルクが二層構造なのが特徴です。

マカダミアナッツというとミルクチョコのイメージが強いですね。

ビターチョコにも合うのか、いざ実食!

カカオの風味が上品!

二層構造ということでしたが、かなりビターが強く感じました。

これはこれで美味しいけど、どちらかと言うと甘い方が好みかな~と思いながら箱を眺めていたら・・・

オススメの食べ方!?

さっそくチャレンジ!

1.口の中でゆっくりと溶かします。
二層のチョコが織りなす風味をお楽しみください

2.口の中でゆっくりと噛みます。
マカダミアとチョコの味わいの変化をお楽しみください。

なるほど、一粒で二度おいしいってやつですね。

この食べ方を実際にやってみたところ、しっかりミルクとビターの両方を感じることができました。

二つの味が組み合わさったことで今までにない高級感があります。

これが市販品とは、ちょっとすごいぞ。

チョコレートはマカダミアにもよく合っていて大変美味しかったです。


スポンサードリンク

ボリューム

内容量は、42g6粒入り(1粒の重量によっては5粒の場合もあるそうです)

たしか通常の明治マカダミアチョコは9粒入りだったので量は少なめです。

個人的にはチョコレートが濃厚なのでこのくらいの量がちょうどいいと思いました。

箱の底の「お疲れ様でした」にちょっとほっこり(笑)

価格

価格は238円(税込)

チョコレート菓子としては安くないですが、マカダミアチョコなら200円くらいはするので値段が高いとは感じませんでした。

原材料・成分表

原材料名

砂糖、カカオマス、マカダミアナッツ、全粉乳、ココアパウダー、植物油脂、乳糖、クリーミングパウダー/乳化剤、香料、(一部に乳成分・大豆を含む)

栄養成分表

エネルギー:263kcal

たんぱく質:3.3g

脂質:19.8g

炭水化物:17.9

食塩相当量:0.04g

マカダミアパティスリーの評価

明治「マカダミアパティスリー」コーヒーと一緒に食べたいチョコレート!

マカダミアの香ばしさやカカオの香りが強いのでコーヒーによく合います。

5つ星評価星4★★★★

スーパーやコンビニで手軽に買えるのでぜひ食べてみてください!

-明治製菓
-, ,

Copyright© チョコを食べないと死んでしまいます , 2019 All Rights Reserved.