コンビニスイーツから有名メーカーまでチョコを食べつくす!

チョコを食べないと死んでしまいます

明治製菓

作ろうきのこの山でたけのこの里を錬成してみた!

投稿日:

こんにちは、森長ちよこです!

今日紹介するお菓子がこちら。

明治「作ろう!きのこの山」

自分できのこの山が作れるキットです!

よくある知育菓子(↓こんな感じの)みたいな感じですね。

実際に自作してみました!


スポンサードリンク

作ろう!きのこの山の感想

作り方はお湯でチョコペンを溶かして型に流して冷やすだけという簡単っぷり。

チョコレートは3色、チョコ型もいろんな種類が作れるとあって、お子さんには受けがよさそうな手づくりキットですね!

でも一つだけ気になったことが・・・

一部の過激派が暴れだしそうな形にも作ることができるみたいです。

流石にたけのこ派の思想に反するので「作ろう!きのこの山」でたけのこの里を作ってみました。

まず、たけのこのクッキーを再現するために付属のクラッカーを砕きます。

写真ではクラッカーは3本ですが、ちょっと多かったので2本でもいいかも。

馴染ませるために少量のバターと一緒に温めながらやりました。

いい感じに砕けました!

後はラップに包んで、それっぽく形成して冷蔵庫で冷やします。

私は短時間で固めたかったので冷凍庫で15分くらいでやりました。

クッキーが固まったらチョコを流した型へ入れます。

クッキーが大きいので溢れないようにチョコは薄めにまんべんなく型に流すと良いと思います。

ちなみに、ちゃんときのこの山も同時進行でつくりましたよ~。

あとは冷蔵庫で30分以上冷やしたら完成!!!

これはどっからどうみても紛うことなきたけのこの里・・・!

味の方はクッキーがちょい粗めのたけのこでした。

美味しくできて満足です。

メインのきのこの方はこんな感じ。

私のセンスのせいで残念な出来に・・・。

意外とカラフルな柄は難しい!

これから作る人へのアドバイスは、チョコは溢れない程度にしっかり入れないと見た目が悪くなるので注意しましょう(笑)

価格

スーパーで227円で購入しました。

普通のきのこの山と同じくらいですね。


スポンサードリンク

原材料・成分表

原材料名

クラッカー(小麦粉、植物油脂、ショートニング、砂糖、練乳加工品、異性化液糖、麦芽エキス、イースト、食塩)、準チョコレート(砂糖、植物油脂、全粉乳、カカオマス、脱脂粉乳、ココアパウダー)、ホワイトクリーム(砂糖、植物油脂、乳糖、全粉乳、脱脂粉乳、ココアバター)、ピンククリーム(砂糖、植物油脂、乳糖、全粉乳、脱脂粉乳、ココアバター、いちごパウダー)/乳化剤、膨張剤、香料、酸味料、野菜色素(一部に小麦・乳成分・大豆を含む)

栄養成分表

カロリー:203kcal

たんぱく質:2.2g

脂質 : 12.4g

炭水化物 : 20.6g

食塩相当量:0.12g

(1箱あたり)

作ろう!きのこの山の評価

「作ろう!きのこの山」たけのこの里も作れる手づくりキット!

たけのこの里を作ってる時はいけないことをしてるみたいでワクワクしました。

単純にきのこの山をつくるのも楽しかったので、超おすすめです!

-明治製菓
-,

Copyright© チョコを食べないと死んでしまいます , 2019 All Rights Reserved.